So-net無料ブログ作成
検索選択

高梁自然公園キャンプ場へ

こんにちは、ぽんちゃんです。
朝の涼しい風が気持ちいいです。

GWは高梁市にある、高梁自然公園キャンプ場へ行ってきました。

このキャンプ場、ネット上に情報が少ないです。

出来る限り詳しく書いていきますので、お出かけのときの参考になれば幸いです。
案内3.JPG
案内2.JPG

公式サイトはこちらになります。→高梁自然公園キャンプ場



テントサイトは大人1人あたり300円です。
案内1.JPG
このキャンプ場はテントサイトのほかにもバンガローがあります。
5人用で3,000円。
10人用で7,000円

今回はテントを立てる手間を省きたかったので、5人用のバンガローを借りることにしました。ちなみに5人用バンガローには電気のみ通っていて(コンセント2つと照明あり)、水道、トイレはありません。近くのトイレとシャワーを利用します。
5人用バンガロー.JPG

5人用バンガロー内部
ロッジ内部.JPG




当日は13時ごろ到着しました。併設されている公園で近隣の子どもたちが遊んでいました。一応テントサイトは15時から使えるようですが、先客がいなければ早く来てもOKなようです。

遊具たち
遊具.JPG


駐車場は公園のとなりにあります。広めの駐車場です。近くの管理棟に管理人さんがいます。すぐ近くには池もあって、朝に行くと静かで、鳥の鳴き声をたくさん聞くことができます。料金を支払いバンガローの鍵を受取ります。

管理棟
管理事務所.JPG

池のほとりにある鐘を鳴らすと、鯉が集まってきます。管理人さんにエサをもらっているのでしょうか、頭を撫でても逃げません。興味津々に他の子どもたちが鐘を鳴らしまくっています。鐘に呼ばれてきた鯉たちはエサをもらえず不憫でした。

鳴らすとうじゃうじゃ鯉が集まる鐘
鐘を鳴らすと鯉.JPG

池へ続く道
池へ続く道.JPG


15:00


テントサイトと5人用のバンガローがあるところは、管理棟から歩いて3~4分位のところの丘の上にあります。結構きつめの登り坂です。

バンガローへ続く道
バンガローへ続く道.JPG

さらにキャンプファイヤー場横の細道を抜けてバンガローへ
丘へ続く細い道.JPG



テントサイト、バンガロー共に車の横付け駐車は禁止です。というかスペースがないので無理です。

荷物を丘の上まで運ぶときは、車か徒歩でやります。細くて急な上り坂をなので車だとけっこう怖いです。Uターンとかできません。
なので途中トイレの前に車数台分のスペースがあって、そこで車を転回できるようになっているのですが、ここに駐車する不届き者がいるので、やむを得ず、来た道をバックで戻ることになるかもしれません。

荷物を車で持っていくなら、利用者が来る前、混んでいない早いうちに持っていくのが良いでしょう。

17:00


Uターンスペースに停まっている車を恨めしく眺めながら、何とか荷物を運び終えると(新しい車だったので車両感覚がつかめず、人力で運んだ!)、バンガローなのでそのまま休憩です。テントはこれから設営作業があるので大変です(設営もキャンプの醍醐味ですけどね)。

バンガローは、ベランダが見晴らしがよく、風が良く通るのでマットを敷いて皆でごろ寝しました。疲れた体を、高原の風が程よく冷やしてくれて気持ちがいいです。

気持ちの良いベランダ
バンガローベランダ.JPG

バンガローからの景色
バンガローからの眺め.JPG


自炊所、シャワー室、トイレ


自炊所はフツーのキャンプ場と変わりません。可もなく不可もなくです。シャワー室は「5分で100円」ですが、使い放題になっていました。入り口に足拭きマットがありました。トイレは広くて使いやすいと思います。

炊事場
炊事場.JPG

シャワー室
シャワー室.JPG

これらの施設はテントサイト、5人用バンガローからすこし下ったところにあります(歩いて1分位)。夜は当然真っ暗なので、足元に気を付ける必要がありました。


夕食


テントサイト、5人用バンガローでの火の使用は禁止です(10人用バンガローは未確認)。BBQなどやりたいときは、歩いて2分のところにあるキャンプファイヤー広場、芝生のある小広場でやることになります。

しかし、それぞれの広場には、禁止にもかかわらずテントが設置してありました。なのでここではキャンプファイヤーもBBQもできない状態です。ちなみにここの人たちが車Uターンスペースに駐車している人たちでした(ごくフツーの善良な雰囲気の大家族といった感じですが、常識無い?)。利用ルール見てないのかな。

ということで、火の利用が禁止にもかかわらず、みなさん自分のテントサイト横で炭を熾してBBQやっていました(うちもです)。

一応、管理人さんにはUターンスペースとキャンプファイヤー場が使いにくいことになってると指摘しておきましたが、注意はできないとの事でした。

これはもう、やったもん勝ちの世界です。諦めつつも、近くの枯れ木に火の粉が飛ばないように慎重に炭を熾しました。

しかし、キャンプ場のBBQは雰囲気も相まって、うまい。


5:00


キャンプ場の楽しみの一つに「早朝の鳥の声」があります。

早朝、鳥の声が遠くに聞こえます。「すぐそこ」ではないです。昨年行った「高梁美しい森 キャンプ場」は鳥小屋の中にいるよう、まさに「すぐそこ」でした。
→16年5月記事「高梁美しい森でキャンプしてきました。

ここ高梁自然公園キャンプ場はキツツキが多いようで、いたるところから「ココココココ」と聞こえます。
うるさいほどの鳥の声はありませんでした。

5月上旬の高原の風は冷たく、気温は10℃でした。長そでが無いときついです。

駐車場からテントサイト、バンガローまでの道の入り口には鎖で施錠がされます。7:30にならないと管理人さんが来ないので、それまでは近くまで車を持ってくることができません。逆に言えば、Uターンスペースのに停めた人たちは7:30まで車が出せなくなります。要注意です。



高梁自然公園キャンプ場 評価


・車の乗り入れ環境が悪いのはマイナス。
・施設利用ルールが管理されていない。やったもん勝ちなところがある。
・平日はほとんど人がいないそうなので、解放感がある
・丘の上なので見晴らしがよい、風が気持ちいい。
・10人用バンガローなら快適に過ごせる。

10人用バンガロー、見てきました。
池のほとりにあります。「湖畔のロッジ」のような雰囲気が良いです。
車の乗り入れスペースもあるし、トイレ、台所完備です。もはや、ここまでくると「キャンプ」とは言い難いですが、お手軽自然体験としてならアリだとおもいます。
10人用バンガロー.JPG


おまけ
ハルゼミがいました。
「ギィーーーーー」という声で鳴きます。親指の先っぽくらいの大きさが特徴です。
初めて見ました。鳴き声が聞こえたのでいるとは思っていましたが、実物を見れてうれしかった。近くに抜け殻があったので、穴から出てきたばかりなのか?

ハルゼミ.JPGハルゼミ2.JPG














nice!(79)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:地域

nice! 79

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © その他大勢 n のつぶやき All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます