So-net無料ブログ作成

育児を楽にするのは知識

妻です。

実は 妹38歳、10月に出産予定です。
結婚10年目にして初の子ども。
長かった。

経営しているアパレル関係の会社は順調ですが、
子どもはなかなか授からなくて。

今は仕事もありますが、
休みの日にはマタニティスイミングに行ったり、
ちょっとした体の変化を心配してみたり、
初めての妊娠を楽しんでいる様子です。さて、10月になると事態は一変するでしょう。
お腹に入っているうちはまだまだ本番ではありません。

赤ちゃんが出てきてからしばらくは本当に大変です。
たいていの場合、かわいい赤ちゃんのお世話でまとめて寝られないし、
何で泣いてるかなかなか理解できないし、
未知との遭遇以外の何物でもありません。

まだほとんど寝ているうちはいいんです。
決まった場所から動かないから。

これが7ヶ月も経つと早い子はつかまり立ちし始めてさらに目が離せない。

新米母は募るストレス。
しかも妹の場合、東京で頼る親や友人もいない。
旦那さんは宇宙人(の様な人)。
(仕事があるから保育園入れる とは言っていますが)

私が子どもや育児について積極的に勉強し始めたのは次女が1歳3ヶ月過ぎたころです。
幼児教室に入ったのをきっかけに子育ての本を1から読んで、
子どもの成長過程や人間の成長に対する本能的な欲求を理解することで、
イライラがぐっと減りました。

子どもがやたらに走り回ったり、
高いところに登ったりするのも本能的な自主トレだと思っています。
そう思うと
「ちょっとの怪我は仕方がない。まぁ、がんばれ。」
と口うるさく怒る気もしなくなります。

ただ、見守る側にも無用な怪我を防ぐための下準備が必要だったりするわけで、
そういった意味でも
「子どもの成長を理解するための本を読めー。」

あくまで私のお勧めですが、

モンテッソーリ教育
シュタイナー教育 
子どもに対する話しかけ方
子どもを伸ばす対応の仕方

これらの本をざっと読めば、
ただ何も知らずに赤ちゃんと過ごすよりずっと有意義に且つ精神的に楽に子育てできます。
そこから先は興味の沸いた分野の本を読み進めればいい。

周りにうるさいおばちゃんがいて、
何かとちょっかい出す代わりに面倒も見てくれる時代は終わりました。

妹にはこれらの本を見繕って送ろうと思っております。

時間を作って読みなさい、妹よ。



nice!(40)  コメント(2)  [編集]
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 40

コメント 2

とし@黒猫

意外と、育宇宙人かもしれませんよ。
密かに期待してみましょう。
by とし@黒猫 (2017-08-21 19:00) 

ぽんちゃん

宇宙人、ホリエモン信者なので、結構やっかいなんです。常識にとらわれない精神というか、自由気ままというか。人工知能は進んでも赤ちゃんは子宮で育って、乳を飲むんだぞー。っていうギャップ感。わかります?

by ぽんちゃん (2017-09-01 05:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Copyright © その他大勢 n のつぶやき All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます