So-net無料ブログ作成
検索選択

ふと思い出したこと。お見合いパート1

妻です。

「国内旅行。北海道と沖縄だったら、北海道かな。近いから。」

昔、まだ実家にいて30歳とちょっとくらいの時。
嫁にも行かず仕事と庭の花いじりばかりしていた私に、
父の友人がお見合い話を持ってきました。

聞くと相手はペンションを持っているそうで、
「誰かいい人はいないか。」と探していたようです。
(私の心情。「ペンション経営?面白そうじゃん。」)


数日後、そのペンションに訪ねて行くことになりました。
 
ピンポーン。「こんにちわー。」

・・・もさっとした、やせ形で小柄な人が出てきました。
それなりに若い人の休日であろうに、タック入りのスラックス着用。
ニコリともせず軽く挨拶され、上がる様に促されましたが、
スリッパも用意してくれません。

端にあったスリッパ(スーパーの特売棚にあるような)を自分で取って履き、
この時点で、
「無いな。」
と思ってはいたけれど帰る訳にもいかないので、建物の中へ。

通されたのはペンションの食堂。
殺風景な部屋で、おしゃれ感はなくテーブルの上にはキッコーマンの食卓用の醤油。

(このペンション、すごいね。)

向かい合って座ると、髪は寝癖、肩には白いフケ。
一刻も早く帰りたい。
が、私も一応大人なのでそれなりに会話をしました。

くわしい内容は正直よく覚えてませんが、
国内旅行、沖縄と北海道ならどっっちに行きたいか という話になった時に、

彼は、「ほっかいどう。近いから。」

(私の心の中「飛行機乗ったらどっちもどっちじゃーん!」)

帰宅途中に通り道のある友人宅に寄り、
この出来事の一部始終を語りひとしきりモヤモヤを抜いて、家に帰宅。

後にわかった事ですが、
「ペンションを持っている」というのは彼の親が始めたペンションで儲けたので、
彼にもペンションをあげたようです。

彼のお姉さんも同様にペンションを貰っていますが、
結婚されていて学校の先生もされているという事でした。
このお姉さんを知っている友人の話では、いい人らしいです。

さて、「お断りの連絡」は父に任せましょう。
詳細に言うのも面倒なので、

「お父さんみたいな人だったら、良かったんだけどねぇ。。。」

この一言で、ニコニコしてお断りの電話を掛けてくれました。


このお見合い数日間は嫌な気分でしたが、いい話のネタができました。

私のお見合い話パート1、おしまい。

次回パート2「アメリカ留学経験ありの彼」をお送りします。


nice!(89)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:日記・雑感

nice! 89

コメント 2

ようこくん

「ないな」に大笑いです。
ペンションなのにスリッパが出てこない時点で「ない」ですね。
自分でどうしてもやりたくて始めたのではなかったのでしょうね。
by ようこくん (2017-05-03 22:21) 

ぽんちゃん

ようこくんさん
だからと言って、「したい事も無い」みたいな感じが見えました。覇気がなかったねーーー。検索してみましたが、HPの更新が2015年6月の情報のままでした・・・。

by ぽんちゃん (2017-05-07 06:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © その他大勢 n のつぶやき All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます