So-net無料ブログ作成
検索選択

展望と開運2017

妻です。

節分も終わり、多くの易学の世界では新しい1年が始まりました。

占い好きですか?
私は基本的に良い事が書いてある時は信じて、
悪い事が書いてある時は流します。
 
(運勢が悪いと出ている時にもし嫌な事があったら
「占いにも出てた。当ったわね。」と割り切ります。)

年明け、友人の家に行った時に2冊の分厚い占いの本がありました。
彼女、占いなど信じそうにもないタイプ。そもそも占いなんて信じるのか尋ねると
「気にして無いようで、実はこっそり見るタイプよ。ふふん。」
との事。

彼女の家にあったのがコレとコレ。

展望と開運2017

展望と開運2017

  • 作者: 村山 幸徳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/13
  • メディア: 単行本



展望と開運365日 【2017年の六白金星】 (中経の文庫)

展望と開運365日 【2017年の六白金星】 (中経の文庫)

  • 作者: 村山 幸徳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/10/13
  • メディア: 文庫



村山光徳さんという「気学」「易学」の研究で有名な方の著書。
易学は統計学だといいますものね。

そもそもはお付き合いのある税理士会社の社長さんが詳しいらしく、
「ちょっと話を盛り上げたら興味があると思われた[耳]。」

あるある[わーい(嬉しい顔)]

その彼女、旦那さんも同じ年生まれで六白金星。
「六白金星生まれの女性は女王。」
とその社長さんに言われたと話していました。
しかも辰年生まれで苦笑い。

六白金星、この本によりますと今年運勢は底だそうで。
ドーンと構えているように見える彼女も厄払いに行ったり、少々ビビり気味。

さて、さて、
私はと言いますと、昭和48年生まれの九紫火星。

IMG_0040[1].JPG

「今年の九紫火星は運気最高!」

あらま。
じゃ、本を手元において一層の励みにしよう!
単純な私は本を買ってしまったのでした。
(365日版は買ってません。)

運気が良いって言われるのは、
跳び箱の前にびよーんと跳ねる踏み台が置かれて、
「あれ?もしかしてできるかも![グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
って気分に似てますねー。

張り切りすぎてアキレス腱断絶[むかっ(怒り)]
なんてことにならないように気を付けよう[わーい(嬉しい顔)]
イヒヒヒヒー[ドコモポイント]
nice!(126)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:日記・雑感

nice! 126

コメント 2

まゆみっふぃ

あ、私も九紫火星です(o^^o)
やったー
by まゆみっふぃ (2017-02-09 17:36) 

ぽんちゃん

まゆみっふぃさん
成長の1年だそうです。
躊躇せず楽しみましょうねー。


by ぽんちゃん (2017-02-10 05:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © その他大勢 n のつぶやき All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます